ドライバーが上達したい方必見!ドライバーの基本スイング

ドライバー

ゴルフの醍醐味といえば、ドライバーショットです。ボールが芯に当たり真っ直ぐ遠くに飛んだときは爽快な気分になる人も多いと思います。

しかし、基本的なスイングを理解していないと爽快なドライバーショットは出にくいです。

そこで、このページではドライバーショットの基本スイングを中心にお伝えしていきます。

1.正しいグリップとアドレスこそ上達の近道

アマチュアの大半は、グリップやアドレスを真剣に取り組んでいない人が多いです。スイングには、あまり関係ないと思っている人もいるのではないでしょうか。

グリップは、唯一体に接している部分です。握り1つでスイングが良くなることもあります。

また、アドレスの良し悪しでスイングの8割は決まるとも言われています。ですので、グリップとアドレスが出来ればスイングは良くなります。

では、順にお伝えしていきます。

1-1.フェースが開きやすい特性をカバーするためのグリップ

ドライバーは、重心距離が長いです。そのため、インパクトのときフェースが開きやすい特性がドライバーになります。特性を知らないでクラブを握っている人もいるのではないでしょうか。

その特性をカバーする握り方があります。それは、左手の握り方をストロンググリップで握ることです。

ストロンググリップとは、左手の人差し指と中指のナックルがはっきりと見えるまでかぶせて握ることです。イメージは、上から添えるように握るとストロンググリップになります。

この握り方ですと、フェースの開くのを防ぐことができインパクトでボールをしっかりとらえることができます。

1-2.スイング中右手を正しく使える握り方

右手も左手と同様に上から握っている人を見かけます。それですと、右手がかぶってしまい両手のバランスが悪くなりよいスイングは出来ません。

そこで、右手の握り方は右手の生命線を左手親指と重ね左手を包み込むように握ります。

イメージは、右手をグリップの下側から添えるように握れば右手を正しく使うことができる握りになります。

右手を正しく握れば、トップへ上げるまでに右ヒジが上がる(ワキが開く)ことなくトップまで上げることが可能になります。

1-3.スイングにつながるスタンスとボールの位置

スタンスとボールの位置は、スイングに関係ないと思っている人も多いのではないでしょうか。

誤ったスタンスとボールの位置ですとスイング軌道は安定せずミスショットにつながります。そこで、スタンスとボールの位置について詳しくお伝えします。

1-3-1.スタンスは他のクラブより広めにとる

スタンスの幅をアイアンと同じにしている人も多いのではないでしょうか。ドライバーは、他のクラブに比べてシャフトが長いです。

ですので、狭いスタンスですと方向性が悪くなったりボールの曲がりが大きくなります。そこで、ドライバーのスイング幅は、肩幅より少し広くとるのが理想です。しかし、身体が硬い人は、肩幅でも構いません。

これが、出来れば理想的なスイング軌道に1歩近づきます。

1-3-2.ボールの位置は左足のカカト線上に置く

ドライバーショットでもアイアンと同じボールの位置でセットしている人を見かけます。

しかし、それですとダウンスイングで体重が左足に上手く乗ることができず右足体重のインパクトになってしまうからです。

右足体重のインパクトですとすくい打ちのミスにつながります。また、ボールにパワーが伝わらないので飛距離のロスにもなります。

ボールの位置は、左足のカカト延長線上に置きましょう。

1-4.ドライバーの前傾姿勢

ドライバーは、他のクラブよりも前傾角度は浅くなります。ドライバーは、アイアンなどに比べシャフトが長いからです。

また、ドライバーになると猫背やカカト体重になる人を見かけます。

このような姿勢ですとバックスイングのときクラブが正しく上がらずボールに上手く当たらない原因になります。

アドレスを作る手順は、アイアンと同じですがシャフトが長いので上体の前傾角度は浅くなるので注意しましょう。

2.正しいスイング軌道で振ろう

「ボールを芯で打ちたい」「真っ直ぐ飛ばしたい」「狙ったところに打ちたい」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

正しいスイング軌道で打つことが出来れば悩みはすぐに解消されることでしょう。そこで、正しいスイング軌道にするためのコツをお伝えします。

2-1.インサイドインが理想的なスイング軌道

ドライバーは、インサイドインで振ると曲がりが少ない真っ直ぐな球が打てるようになります。

インサイドインとは、クラブがボールの飛球線より内側から入りインパクト後も同様にボールの飛球線より内側に抜けることを言います。

イメージは、ヘッドで円を描くような軌道になります。

軌道

2-2.バックスイングの最初は真っ直ぐ引く理由

バックスイングの始動から30センチもしくは右足の前までクラブヘッドを真っ直ぐ引きましょう。

真っ直ぐ引くには理由があります。アマチュアの大半の人は、バックスイングの始動からインサイドに引いてしまうからです。

始動からインサイドに引いてしまうとダウンスイングのときアウト(外側)から下りやすくなるためです。

その結果、アウトサイドインの軌道になるのでスライスボールが出でしまうのです。

それを防ぐためにも、バックスイングの始動から30センチもしくは右足の前までクラブヘッドを真っ直ぐ引きましょう。

アウトサイドイン

 

2-3.コックはどこでするのか

スイング軌道を安定させるには、コックは非常に大事になります。

しかし、スライスで悩んでいる人やドライバーが当たらなくて悩んでいる人はコックをしていないか、または間違ったコックをしています。

そこで、正しいコックのお使い方やコックのタイミングをお伝えします。正しいコックを覚えスイングを安定させましょう。

2-3-1.コックのやり方とそのタイミング

コックは、ハーフウェイバック(時計で言う9時の位置)からトップまでの間に行います。

コックのやり方とタイミングは、ハーフウェイバックの位置まで上げてきたら右手の甲が下に向くように手を旋回させながらトップまで上げましょう。

コックが出来ているかの確認方法は、肩の位置でクラブが立っていれば(クラブヘッドが上を向いている状態)コックが出来ています。

2-4.ダウンスイングへの切り返し

「飛ばしたい」「上手く当てたい」と思い切り返しで力んだり、打ち急いで打っている人もいるのではないでしょうか。

その結果、正しい軌道から外れたスイングになったり、インパクトエリアでスピードが落ちて飛距離ロスをしています。そこで、切り返しのポイントをお伝えします。

ポイントを押さえれば、スイングは安定し飛距離もアップします。

2-4-1.切り返しのポイント

ダウンスイングは腕に力を入れないのがポイントです。そのためダウンスイングの切り返しは、できるだけ何も考えないようにしましょう。

余計なことを考えてしまうと腕に力が入ったり上体が前に突っ込みミスショットにつながるからです。

トップから切り返し地面と平行になるまで、力を入ずに下ろしましょう。しかし、大半の人はここで力を入れ手でクラブを下ろそうとします。

その結果、アウトサイドインからクラブが下りてくるのです。

スライスが出たり、飛距離が出なかったりします。そのため、腕に力を入れず切り返しをしましょう。

3.ドライバーでスライスが出る原因と対策

アイアンではスライスしないのに、ドライバーではスライスしてしまう人や練習場では曲がらないのに、コースでは曲がってしまう人も多いのではないでしょうか。スライスで、悩んでいる人の相談は多いです。

スライスが出てしまう人の大半はインパクトでフェースが開いています。その原因は、振り遅れと切り返しにあります。この2つの原因と対策をお伝えします。

3-1.振り遅れの原因と対策

振り遅れの原因は、クラブを早く振りすぎや手を振ろうと意識するからです。なぜなら、クラブヘッドが体と腕の動きについてこれずヘッドが遅れて下りてくるからです。

その結果フェースが返らず、開いてインパクトするのでスライスするのです。

それを防ぐには、打ち急がないスイングを心がけましょう。また、インパクトでヘッドが手元を追い越す感覚を覚えると振り遅れが解消されます。手元を追い越す感覚がわかる練習方法があります。その方法をお伝えします。

3-1-1.振り遅れを防ぐ練習方法

振り遅れを無くすには、両足を揃えて打つ練習が効果的です。

両足を揃えて打つと自然とヘッドが手元を追い越していくので振り遅れず軽いドローになります。

この感覚を覚えるためにも反復練習しましょう。スタンスを広げてもこの感覚で振ることができれば振り遅れることはなくなります。

3-2.切り返しで左肩が上がる(右肩が下がる)原因と対策

切り返しで肩が極端に上がったり、下がったりする打ち方をすくい打ちといいます。

スライスで悩んでいる大半は、すくい打ちが多いです。すくい打ちは、「球を飛ばしたい」「高弾道な球を打ちたい」という欲が原因です。

左肩が上がり(右肩が下がり)クラブヘッドがボールの下から上にすくい上げる形になります。

その結果、フィニッシュのとき体重は右に残ります。そこで、すくい打ちを直す練習をお伝えします。

3-2-1.すくい打ちを修正する方法

すくい打ちを修正する効果的な練習は、ステップ打ちです。アドレスでクラブを始動したと同時に左足をコブシ1つから2つ上げます。上体をトップまで回転させます。

切り返しは、左足をアドレスの場所に着地させてから腕を下ろします。足と腕を同時に動かしてしまうと捻転差が作れないからです。また、カット軌道にもなりますので気をつけましょう。

ステップ打ちは、難しいので素振りから始めましょう。慣れてきたらティーアップしたボールを打ち最終的には地面のボールを打つようにしましょう。

4.インパクトの時体重が右に残る原因と対策

ゴルフの初心者や、ドライバーで悩んでいる人の多くはインパクトのとき体重が右に残る人が多いです。体重が右に残ってしまう原因と、それを修正するための練習方法をお伝えします。

4-1.インパクトで体重が右に残る原因

バックスイングの時、頭を動かさないよう教えられた人も多いのではないでしょうか。頭を動かさないように意識すると、バックスイングの時右ではなく左に体重が移動しやすいです。

その結果、ダウンスイングからインパクトにかけて左にある体重が右に移動します。これは、スイングの関係で右にある体重は左に移動しやすいためです。その逆も同じになります。

ドライバーは、体重移動が疎かになりやすいのでアイアンよりもインパクトで右に体重が残りやすいです。

これを、修正するための練習をお伝えします。

4-2.インパクトで体重が右に残さないための練習

頭を動かさないようにと教わった人もいるのではないでしょうか。それは、間違いです。プロのスイングを見てみると、頭半部は横に動いています。それを、理解した上で体重が右に残さないための練習方法をお伝えします。

4-2-1.体重が右に残さないための練習方法

体重を、右に残さないための効果的な練習方法は、1本足打法が有効です。

1本足打法のやり方

  1. 通常通りのアドレスをします。(使用クラブは、ドライバーまたはアイアン)
  2. バックスイングをします。このとき、左足(左打ちは右足)を地面から浮かせます。
  3. ダウンスイングに移るとき、浮かせた足をアドレスと同じ位置に踏み込み、クラブを下ろします。
  4. フォローからフィニッシュにかけて、右足(左打ちは左足)を地面から浮かせて軸足1本で立ちます。

この練習は、少し難しいので慣れるまでは素振りから始めるようにしましょう。1本足打法を繰り返すことで、体重移動が改善されます。また、飛距離も伸ばすことができます。体重が右に残っている人や体重移動で悩んでいる人にはおススメな練習方法です。

5.ドライバーと他のクラブが交互に調子が悪くなる理由

「アイアンは調子がいいのにドライバーは調子が悪い」また、その逆で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。この症状は、初心者から上級者まで誰でも起こります。

しかも、ラウンド中に発生することがほとんどです。対処法を知っているだけでラウンド中の大たたきを無くすことができます。

では、この症状の原因と対処法をお伝えします。

5-1.ドライバーと他のクラブが交互に調子が悪くなる原因

「ドライバーは調子が良いけどアイアンが悪い」または「アイアンは調子が良いけどドライバーが悪い」この症状が、出たときの大半は構えたときのボールの位置が原因です。

ドライバーが調子が良いときは、ボールはいつもより左寄り(左打ちは右寄り)にあり、少しアッパースイングになるのでドライバーやウッドは調子が良くなりアイアンはダフリやトップが出やすくなるので調子が悪くなります。

逆に、ボールが右寄りにあると少しダウンブローになるのでアイアンは調子が良いけど、ドライバーやウッドは調子が悪くなりやすいです。

では、この症状の直し方をお伝えします。

5-2.「ドライバーと他のクラブが交互に調子が悪くなる」を修正する方法

アドレスに入るとき何も考えずに構えている人も多いのではないでしょうか。それでは、構えるたびにボールの位置が変わてしまう可能性が非常に高いです。

その結果、ドライバーと他のクラブが交互に調子が悪くなる症状が出てしまいます。これを、防ぐにはプリショットルーティーン(通称ルーティーン)が大事になります。ルーティーンを行うことで、ボールの位置がどちらか左右に寄り過ぎることがなくなります。また、正しい方向にも構えやすくなりスイングリズムも良くなります。そのため、ナイスショットの確率も上がります。

では、プリショットルーティーンのやり方とポイントをお伝えします。

5-2-1.プリショットルーティーンのやり方とポイント

プリショットルーティーンの大まかな流れ

  1. ボールの後方に立ち、打ちたい方向を決め目標物を決める
  2. ボールと目標物の間に目印を見つける
  3. 右手でクラブフェースを目印に合わせる
  4. ボールと目標物のラインと体のラインを平行にする
  5. ボールの位置を確認しながら、左足から足を広げスタンスをとる
  6. 再度クラブフェースを確認しズレがないように微調整
  7. 最後に左手を握りグリップを作り、アドレスの完成
  8. 打つ前に横目で目標物を確認してから、スイングする

ポイント

  • 目標物は、大きくてわかりやすい物を選びましょう。例えば、グリーン手前のバンカーやグリーン後ろにある鉄塔などなんでも良いです。
  • ボールから30センチ前に、ある落ち葉やディボットなどを目印にするとクラブフェースを目標物に合わせ易い
  • 初心者は、アドレスで右に向きやすい傾向にあります。それを、防ぐために右手でクラブフェースの向きを合わせます。
  • 初心者は、上体を上げて目標を確認する人が多いです。上体を崩さないためにも横目で目標物を確認します。

6.方向性を安定させよう

ゴルフで大事なことは、飛距離ではなく方向性です。どんなに飛距離が出る人でも方向性が悪ければOBなどのミスが多くなりスコアにならないからです。しかし、方向性を安定させるのは大変です。そこで、方向性を安定させるコツや練習方法をお伝えします。

6-1.方向を決める要因

ショットの方向を決めるのは、スタンスの向きとフェースの向きです。大半の、アマチュアゴルファーはスタンスやフェースの向きについて無関心です。

その結果、スイングは良いのに狙ったところいかなかったりボールが曲がったりします。そこで、スタンスとフェースの向きを正しくするためのポイントをお伝えします。

6-1-1.方向性が良くなるスタンスの方法

アドレスをとる時フェースを目標に合わせたあと体も目標に向ける人が大変多いです。その結果、目標に対してスライスを打つ形になります。それでは、たとえスイングが良くてもボールはスライスしてしまいます。それを、防ぐにはスタンスのとり方が大事になります。

正しいスタンスのとり方

  1. アドレスをとる前に、ボールと目標のライン上に目印を決めます(ボールの近くに目印を決める)
  2. ボールと目印を結んだ線と肩、腰、足が平行になるようにアドレスする

この手順で行えば目標に対して平行に構えることになるのでボールが狙った場所に行きやすいです。また練習場では、長い棒やクラブで平行を作り、しっかりアドレスできるように練習しましょう。

6-1-2.正しいフェースの向き

ゴルフはスイング軌道が大事だと思い込んでいる人も多いのではないでしょうか。実際に、1番大事なのはフェースの向きです。なぜなら、完璧なスイング軌道でスイングする人でもフェースの向きが違えばミスショットにつながるからです。そこで、正しいフェースの向きが

6-2.方向を安定させる練習

まとめ

HMBサプリ効果

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴルフの飛距離アップしたい方必見!キャリーで飛ばす方法