ゴルフの飛距離アップしたい方必見!キャリーで飛ばす方法

今よりも飛距離を伸ばしたいと思う人や距離アップと聞いて難しいと思う人もいるのではないでしょうか。そういう人を何人も見てきました。

その人たちの共通点は、飛距離を左右する要素や飛ばすための構えやテクニックを知らないのです。

そこでこのページでは、飛距離に関する事やプロも実践している構えやテクニックをお伝えしていきます。

これらは、誰でも簡単に実行できる内容になっています。普段の練習や自宅での練習に役立ててください。飛距離が伸びればゴルフは前よりも楽になります。

その結果スコアアップにもなり一石二鳥です。

1.飛距離アップに必要な要素とは

飛距離アップの三大要素は、「ボールの初速」「打ち出し角度」「バックスピン」の3つです。この3つが飛距離アップには必要です。

ボール初速・・・ボールが打ち出された瞬間の速さ
適切な打ち出し角・・・ボールの弾道と地面を線で引いた角度
適切なスピン量・・・ボールを打った時のバックスピンの回転量

3つが飛距離にどう影響するかを順にお伝えします。この3つを理解して飛距離アップに役立てましょう。

1-1.ボールの初速

ボールの初速とは、インパクト直後のボールスピードのことです。これは、打ち出されたボールが持つ絶対的なエネルギーになります。

つまり、ボールに当たる速度が速いほど飛ばしには有利になります。

しかし、ヘッドスピードが速いのに飛ばない人もよく見かけます。その原因は、クラブがしっかりとミートできていないことです。

しっかりミートできていないので、アマチュア男子と女子プロではヘッドスピードが同じでも飛距離に約30ヤードの差が出てしまうのです。

1-1-1.打ち出し角度

打ち出し角度と聞いても、飛距離に影響するのかと思う人もいるのではないでしょうか。

打ち出し角度がわかる例は、地面を這うようなボールと極端に高く上がったボールです。

前者は、トップしたときに起こる球です。後者は、テンプラと呼ばれフェースの1番上で球を打ったときに起こる球です。どちらも飛距離を大きくロスしています。

このことから、打ち出し角度が適切なものにできれば飛距離は大きく伸びます。

1-1-2.バックスピン

打った球には必ず回転がかかります。飛ぶ方向とは逆の回転バックスピンと横の回転のサイドスピンの2種類があります。

バックスピン量が程よいと揚力と言う力(重力に逆らう力)が働きより遠くに飛ぶようになります。

バックスピンの量が多いと、ボールはホップアップしてしまいます。前に進む力が上向きに、働いてしまい飛距離をロスしてしまいます。

反対に、バックスピンの量が少ないと途中で失速してしまうので飛距離が伸びないのです。

上記でお伝えした内容は、ゴルフショップなどで測定器で計測できます。自分の状態を把握し、どの要素に課題があるかを知ることが飛距離アップの近道になります。

1-2.同じヘッドスピード40m/sでも女子プロが飛ぶ理由

飛距離アップ、女子プロアマチュアゴルファー比較

出典:YOKOHAMA GOLF: 女子プロから学ぶ飛距離アップ術!ドライバーのスイング改善ドリル

女子プロとアマチュアで、ヘッドスピードは同じでも飛距離が違う主な原因はボールの初速の違いとアドレスとトップのときの捻転差の違いにあります。

この3つを、理解しスイングに活かせればヘッドスピードは同じでも女子プロのように飛ばすことができます。では、順にお伝えしていきます。

1-2-1.ボールの初速の違い

ボールの初速は、インパクト時のフェースの向きで大きく変わます。多くのアマチュアの人は、フェースが開いてインパクトしているため効率的にエネルギーがボールに伝わっていません。

インパクトでフェースが開いてしまう人は、ハーフバック(アドレス時からクラブを腰まであげてくること)に原因があります。

女子プロは、ハーフバックのときは体の前傾とフェースの向きが平行になっています。

しかし、アマチュアはハーフバックのときにすでにフェースが開いているのでインパクトのときもフェースが開いたまま打っているのです。

ハーフバックのときにフェースが開かないようにするには、グリップエンドをヘソにつけての素振りが効果的です。手首を使うことができないので、女子プロのように前傾角度とフェースの向きが平行になる理想的な動きができるようになります。

インパクト時のフェースの向きをまっすぐにすることで飛距離アップが可能になるのです。

1-2-2.アドレスからトップまでの捻転差

アマチュアの大半は、頭(顔)を動かさないようにバックスイングするように教わった人も多いのではないのでしょうか。

その結果、頭を固定する意識が強くなるので体の捻転が浅くなるのです。

しかし、女子プロの多くは、ハーフバックからトップにかけて左肩が右足の前までくるまでしっかりと捻転をしています。

このとき、顔の向きも捻転にともない自然と動いています。イメージとしては、両股関節の間は頭を動かしても良い範囲だと覚えましょう。

これが、できれば女子プロのような捻転のあるトップができ飛距離アップにつながります。

2.ミート率と飛距離の関係

ミート率は、飛距離アップに必要なボールの初速とヘッドスピードが関係します。次のような公式で導き出すことができます。

ミート率 = ボールの初速 ÷ ヘッドスピード

ボールの初速 = ヘッドスピード × ミート率

どれだけヘッドスピードが、速くてもミート率が悪ければボールの初速は落ちます。その結果、飛距離が伸びないのです。

ミート率を上げるための3つのポイントを覚えていきましょう。

  • スイング軌道の安定
  • クラブフェースの向き
  • 正しいインパクト

順番にお伝えします。

2-1.正しいインパクトで飛ばす

インパクトは、アドレスの再現と聞いたことある人もいるのではないのでしょうか。

しかし実際は、そうではありません。なぜならアドレスでは、目標に対して体のラインを平行に構えまがインパクトでは、肩のラインは変わりませんが腰は回転し体重は左足に移動するので肩から下はオープンになるからです。

正しいインパクトを覚えるには、アドレスした状態から重いものを押す練習が効果的です。体重を左足に乗せ、腰を回すほどヘッドに力が伝わる実感ができます。

正しいインパクトを身につけて飛距離アップに繋げましょう。

2-2.スイングの軌道を安定させる

スイングは「真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す」だと色々ミスにつながるので、スイングはインサイドインの軌道がよい

インサイドインはボディーターンによって手、腕のリリースを容易に起こさせることができる。ボディーターンを主体に、インパクトゾーンでクラブフェースをスクエアに保つことができる。大きな筋肉で、スイングできる

スイング軌道を安定させるには、前傾角度を維持する、ハーフウェイダウンで正しい軌道を覚える

2-3.インパクトでフェースが開く要因

ボールが曲がる原因の多くはインパクトでフェースが開いているためです。しかし、その半数以上の人はアウトサイドイン軌道のカット打ちをしていると勘違いしています。本当の原因は、インパクトでフェースが開いている(オープンフェース)からです。

オープンフェースでインパクトを迎えると、飛距離のロスやスライスの原因になります。そこで、スイングの各部分でオープンフェースになりやすい要因があります。それを順に説明していきます。

2-3-1.フェースが開くのを抑える握り方

ボールの曲がりが修正出来なくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。握り方1つでその悩みが解消されるかもしれません。

その握り方とは、ストロンググリップです。ストロンググリップとは、左手の甲が目標より少し上を向いた状態のことをいいます。

イメージとしては、左手のナックルが2-3個見えるくらいまで左手をかぶせることです。クラブの上から握ると理想的なストロンググリップになります。

また、反対に右手は、クラブの下から添えるように握ります。

この握り方のメリットは、クラブを理想的な軌道でバランスよく振れます。

グリップを修正しだけでも、ボールの曲がりは改善されます。そういう人たちを何人も見てきました。ですので、試しにやってみてください。

2-3-2.スライスしない理想的なアドレス

フェースが開くひとは、アドレスのときにボールの右側面(ボールの横)を見るように構えましょう。

これを、意識すると右肩が前に出るのを防ぐことができるからです。右肩が前に出なければ、アウトサイドインの軌道になりにくくなります。

その結果、スライスが出にくくなり、スコアアップにつながります。また、少しアッパーブローになるので、直進性の高いボールが出やすくなるため、飛距離アップにもなります。

2-3-3.オープンフェースを防ぐ理想的なトップの作り方

理想的なトップを作るには、バックスイングが大事になります。バックスイングで、軌道がズレてしまうとトップやダウンスイングで修正することが難しいからです。

バックスイングでは、ハーフウエーバック(クラブが地面と平行の位置)で左手の親指が真上にくるようにしましょう。

腕で上げるのではなく、体全体で上げると左手の親指は真上を向きます。これが、できるようになるとトップのときクラブフェースの面は斜め上を向きます。このとき、右ヒジが真下を向いてると理想的なトップになります。

これができれば、プロのようなキレイなトップができます。ですのでバックスイングを大事にして理想的なトップを作りましょう。

3.正しいフェースターンで飛距離を伸ばすレッスン

フェースターンができない人の特徴は、ヒジの伸ばしすぎにあります。ですのでフェースターンが上手くできない人は、構えを見直しましょう。

ヒジを伸ばしすぎると、腕をターンさせることが難しくなるからです。そこで、フェースターンについて詳しくお伝えします。

3-1.フェースは自然に返すが正解

質問の多くに「フェースの返し方がわからない」「フェースを返すタイミングを教えてほしい」と言う人がたくさんいます。実際は、フェースを返すのではなく、自然に返るものなのです。自然に返らない人は、意図的にフェース返さないといけない状態を作っているからです。

そこで、自然にフェースが返るポイントを紹介します。

3-1-1.自然にフェースが返る構え

フェースが自然に返るには、構えが大事になります。スイングを教わるときに、ヒジを伸ばして構えると教わったと思います。

しかし、実際はヒジを軽く曲げて少しゆとりがある構えにするとフェースが自然に返る構えになります。

なぜなら、ヒジを伸ばした状態は筋肉が硬直した状態になります。その状態ですと腕が上手くローテーションできなくなるのでフェースが自然に返らなくなるからです。その結果、フェースが開いてボールが曲がるのです。

また、少しヒジを曲げるので曲げた分少しボールに近づいたアドレスになります。

4.正しい体重移動で飛距離アップ

今よりも飛ばしたいと思っていませんか。ボールを飛ばす秘訣は、体重移動にあります。

スイング中しっかり体重移動をすることでヘッドが加速して飛距離アップが可能になります。バックスイングで右に乗せた体重を左に移動させることにより、スイングのパワーを余すことなくボールに伝えることができれば飛距離は伸びます。

しかし、実際は間違った体重移動をしている人が大変多いです。そこで正しい体重移動や練習法を紹介したいと思います。

これを、読み練習すれば飛距離は確実に上がります。飛距離が上がれば、ゴルフは今まで以上に楽になりスコアも良くなるので頑張りましょう。

4-1.体重移動は横の移動ではない

体重移動と聞くと右足から左足の横の移動と思っている人は多いのではないでしょうか。

実際は、右の股関節から左の股関節へ体重移動させるのが正しい体重移動です。イメージは、その場で回転する感じです。

これができれば、横の体重移動より体の軸が安定するのでボールの曲がりが抑えられます。

また、ボールに上手くパワーが伝わりやすくなるので飛距離も上がります。

体重移動は感覚で覚えるしかありません。正しい体重移動のイメージを持つようにしましょう。上達が早くなります。

4-1-1.フィニッシュは左足に体重がほとんど乗る

フィニッシュで体重が左に乗らない人は以下の原因があります。

  • ボールに当てたい
  • 遠くに飛ばしたい
  • 手打ちになっている

これらが原因で下半身が上手く使えずに、結果的に体重が右足に残ってしまい、ボールが曲がったり、ダフリやトップなどのミスにつながっているのです。

先ほどお伝えした、正しい体重移動ができればフィニッシュは左足に乗ります。さらに左足1本で立てるはずです。

4-2.正しい体重移動にするための方法と練習のコツ

正しい体重移動をするには、腰から前傾姿勢をします。このとき、両股関節に体重を乗せましょう。背筋を伸ばすと股関節に乗りやすいです。

バックスイングで右股関節を軸に回転します。切り返しは、左の股関節を軸にクラブを振ります。

この動きを覚える練習は、1本足打法です。バックスイングで左足を浮かせて、体重をすべて右足に乗せます。切り返しで、左足を踏み込んでスイングする練習です。

下半身主導のスイングになり、体重移動が大きくなります。また、上半身の力みも自然に抜けるので効果的です。

5.飛距離アップさせるためのコツと練習方法

今では、飛距離アップの方法がたくさんあります。どれをやったら効果的かわからない人や飛距離を伸ばしたい人も多いのではないでしょうか。

そこで、無数にある飛距離アップのコツや練習の中で効果が期待できるものをお伝えしたいと思います。

飛距離アップは、一朝一夕で、伸びるものではありません。毎日の積み重ねが大事になります。くじけずに頑張りましょう。

5-1.ヘッドスピードを上げる

ヘッドスピードを上げるために、切り返しからフルスイングしている人をよく見かけます。これは、逆効果です。

切り返しからフルスイングをすると、インパクト前から減速します。ボールが当たるときには6割弱のスピードしか出でいません。

これを、無くすには徐々にスピードを上げインパクト前後に最大のヘッドスピードがでるようにしましょう。効果的な練習は、タオル素振りです。タオルを、クラブのように持ち構えます。クラブの素振りをするようにタオルを振ります。このとき、フォローのときに音が出るように振りましょう。フォローで音が出るようになるとインパクト前後でヘッドスピードは最大になるので飛距離アップにつながります。

5-2.体幹を鍛える

飛距離アップで、年齢に関係なく無理なくできるのが体幹トレーニングです。体幹を鍛えると、飛距離アップやミート率アップやショットが安定するなどのメリットがあります。

誰でもできる練習は、重たいものを左右に振るトレーニングとエルボートゥーという体幹トレーニングです。

スイングするように構えます。重たいものを3時から9時のふり幅でゆっくり振ります。これを10回から20回を3セットやりましょう。

次にエルボートゥーです。うつ伏せになり、ひじとつま先を立てます。このとき手は、地面に着けても構いません。次に、体が一直線になるように腰を浮かせます。腰が反ったりお尻の上がりすぎには注意しましょう。

この状態を30秒キープしましょう。難しい方は、10秒くらいから始めましょう。慣れてきたら少しずつ時間を長くしましょう。

体幹を鍛えると同時に腰痛の予防にもなるためゴルファーにとってはやるべきトレーニングです。

5-3.ストレッチで飛距離アップ

ストレッチと飛距離アップは関係ないと思っている人も多いのではないのでしょうか。

ストレッチをすれば、可動域が広くなりトップで今よりも捻転を作ることができ結果飛距離が伸びるのです。おススメが肩甲骨ストレッチと内転筋のストレッチです。

肩甲骨のストレッチは、右手の甲を腰にあて左手でヒジを前方に向くように10秒ほど引っ張りましょう。逆も同様に行います。可動域が広くなり、以前よりもトップが深くなり捻転差が大きくなります。

内転筋のストレッチは、お尻を地面についた状態で両足の裏を合わせます。背筋を伸ばした状態をキープしながら上半身を前に倒し10秒くらい維持します。

これを行えば、股関節の可動域が広がり体重が乗せやすくなります。体重移動の量が増えるので飛距離が伸びます。

ストレッチは、寝る前やお風呂あがりにやりましょう。飛距離アップやスイングの安定につながります。また、怪我の予防にもなります。ストレッチをしてスコアアップして健康になりましょう。

6.脱力スイングで飛距離アップ

力を抜いて振ったほうがいいと聞いたことや教わったこともある人もいるのではないでしょうか。

実際、その大半の人は飛距離が上がると思い軽く振ったりしています。しかし、飛距離には、まったく影響していません。

そこで、脱力スイングについて詳しくお伝えします。脱力スイングを理解して飛距離アップを目指しましょう。

6-1.ドライバーやフェアウェイウッドは無理に飛ばそうとしてはいけない

ドライバーやフェアウェイウッドは、飛ばさないといけない意識が働き、スイングを大きくしたり力いっぱい振っている人もいるのではないでしょうか。

実際は、スイングを大きくしたり力いっぱい振っても飛距離に影響しません。そこで、アプローチのように、ドライバーやフェアウェイウッドが打てるようになりましょう。

アプローチをするイメージで、コンパクトなスイング体とクラブが同調したスイングを心がけましょう。これができれば、球はつかまり飛距離が伸びます。

6-2.力を入れると再現性が下がる上に、ヘッドスピードが落ちる

クラブを握ると力いっぱい振っている人を良く見かけます。そういう人ほど、ミスショットを多発しています。

この結果から、力を入れてもいい球は打てません。また、力いっぱい振ってもヘッドスピードは下がります。

それは、力が入ると言うのは筋肉が硬くなると言うことです。筋肉が硬くなると、スピードにブレーキがかかります。その結果、ヘッドスピードは、上がらず下がるのです。

6-3.脱力によってヘッドスピードが最大限になる

飛距離を出すには、しっかり振りきることが大事になります。しかし、アマチュアの大半は振り切るために腕を使って力んで打っているひとが多いです。

それでは、飛距離はあがらずボールが大きく曲がるなどのミスショットにつながります。

そこで、腕に力を入れなくてもしっかり振り切れるポイントを紹介します。

6-3-1.クラブに振られる感じを掴もう

腕の力抜いて、リラックスした状態で振りましょう。このとき、クラブの重さでボールを打つイメージです。

腕の力を抜くことにより、クラブが正しい軌道を描きしっかり振り切ることができるのです。

7.タメ(インパクトまでリリースしない)を作って飛距離を伸ばす

タメは飛距離アップには、欠かせないポイントになります。しかし、飛距離アップに悩む人はタメが出来ていないのが現状です。

そこで、誰でもタメが作れるようになるポイントを紹介します。タメを作れるようになれば、飛距離アップにつながるのです。また、ダフリなどのミスショットも減ります。

7-1.トップからインパクトまで右ヒジと手首は曲げたまま

インパクトのとき、ヒジを真っ直ぐ伸ばさないと飛ばないと思っている人も多いのではないのでしょうか。結論から言いますと、ヒジを伸ばしても飛距離は上がりません。逆に損をしている可能性があります。

ヒジを真っ直ぐ伸ばす動作は、力を目標ではなく地面に向かって力をかけているので飛距離が上がらないのです。そこで、スイングをするとき常に右ヒジが軽く曲がった状態をキープしながら打ちましょう。

このとき、左手より右手のほうが下にあるので右肩は少し下がります。この動きができると、目標にしっかり構えることができます。また、球もつかまりやすくなりますので飛距離アップにもなります。

7-2.体の動きだけでクラブを振る

飛距離が出ない人や、ボールが曲がって悩んでいる人には共通点があります。ダウンスイングからインパクトにかけて腕を使ってクラブを返していることです。

それにより、体の回転がとまりクラブが体より先行しています。その結果、飛距離が出なかったりボールが曲がる原因になっているのです。

そのため、体の回転だけでクラブヘッドを正しい位置に戻せるように練習しましょう。それを、可能にするための2つのポイントをお伝えします。

7-2-1.体の回転のみで振るための2つのポイント

  • 正しいインパクトの形を覚える
  • 腕や手首は力を入れない

正しいインパクトの形は、肩のラインは飛球線と平行だが腰は開き体重は左足に乗る形が正しいインパクトの形になります。イメージとしては、アドレスの構えから重たいものをヘッドで押す感覚です。

クラブヘッドを体の回転のみで行うには、腕や手首に力を入れずにダウンスイングする必要があります。腕や手首に力を入れると、フェースが返らなくなるので腕や手首はフィニッシュまで脱力した状態を目指しましょう。

2つのポイントを頭にいれ体の回転で打てるように練習しましょう。

8.今すぐできる簡単な飛距離アップ方法

ここまで、飛距離アップについてトレーニングやスイングのポイントをお伝えしてきました。

しかし、もっと簡単に飛距離は上がらないのかと思ったかたも多いのではないのでしょうか。そこで、アドレスやクラブを変えるでけで飛距離が上がる方法を紹介します。

紹介する方法でも飛距離は上がりますが、これまでお伝えしたことも行えば安定して飛距離が伸びることでしょう。

8-1.長尺クラブを使う

飛距離を簡単に上げる方法の1つは、長尺ドライバーを使うことです。通常シャフトの長さは、45インチが大半です。しかし、長尺ドライバーはシャフトの長さが46インチ以上の長さがあるものを言います。

シャフトが1インチ伸びると、飛距離は約10~15伸びます。長尺ドライバーは、ドラコン(飛距離を競う大会)の選手やシニアの選手が使っています。

8-2.ワイドスタンスにする

誰でも、飛距離アップを望んでいると思います。そこで、ワイドスタンスにしましょう。ワイドスタンスとは、通常のスタンスより1~2つ分足を広げることをいいます。

ワイドスタンスにすると、通常の体重移動よりもクラブに伝える力が増大します。また、スイングを支える土台も安定するので積極的に振ることができます。

8-3.ドローボールを打つ

ランを増やして飛距離を上げたい人は、ドローボールを打ちましょう。ドローボールは、クラブフェースが、閉じながらインパクトします。

それにより、ボールの初速は、フェードより速くなります。また、打ち出し角度は、低くなります。ですのでドローボールは、低く飛びランが多くなるのでフェードより飛ぶのです。

まとめ

飛距離アップは、難しいイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

しかし、ここでお伝えした内容は練習のときのひと工夫または自宅で出来るような練習です。どの内容も、簡単にそして短時間で出来る内容になっています。

また、プロも実践しているものが多いのでぜひ参考にしてください。飛距離を伸ばし楽しいゴルフライフを送りましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドライバー

ドライバーが上達したい方必見!ドライバーの基本スイング