たった数日でスコアがアップするゴルフを劇的に上達させる練習方法

ゴルフ 上達

ゴルフを行っている方の中で多くの相談を受けているのが、練習場または自宅での練習方法です。何をしたらいいかわからない方も多いのではないでしょうか。

ゴルフは練習方法やコツによって劇的に上達します。たった1年でスコアが100を切れる方とそうではない方がいるのは、上達しやすい練習しているかどうかだからです。

ただ、今では無数にある練習方法の中で、「どれをやったら上達するかわからない」「自分のレベルに合った練習がしたい」と思う方もいるのではないでしょうか。

そこでこのページでは、ゴルフが劇的に上達するための練習やコツをお伝えします。これを実行すればゴルフは劇的に上達するはずです。

友人やゴルフ友達に上達したあなたを見せつけてあげましょう。

1.ゴルフを上達させる素振りの練習法

「ボールを打たないと上手くならない」「ボールをたくさん打てば上手くなる」と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、上達の近道は素振りが効果的です。ボールは打った直後に結果が見えるので、スイングを良くすることよりも、ボールをちゃんと打ちたいことに意識が集中してしまうからです。

そのため、スイング重視よりも目先のボールの行く末という結果重視になってしまいます。練習場で見かけるアマチュアゴルファーのほとんどがこれです。その日のボールの結果しか気にしていません。

これでは、いくら練習してもなかなか上達することは難しいです。

また、悪いスイングでボールを打つと良くないフォームが定着(癖になる)して上達の妨げになるため、スイングだけに集中できる素振りのほうが効果的です

正しいスイングができれば、ミート率が上がります。したがって、良いフォームを意識しましょう。そのためにもボールを打つだけではなく、素振りが効果的なのです。

また、素振りであれば自宅でも行えます。むやみやたらに練習場に行くのではなく、自宅で練習した上で、定期的に打ちっぱなしに行くようにしましょう。

ただ、スイングを身につけるには、継続が重要です。

たとえば野球選手は、毎日素振りを行い、スイングを作ります。ゴルフにもこれが当てはまるのです。毎日素振りをして正しいスイングを作ることが、上達の近道になります。それでは、効果的な素振りの練習方法を紹介します。

1-1.鏡の前の素振りでスイングチェック

自宅でもできる練習方法のなかで、鏡の前での素振りは効果的です。

なぜなら、素振りだけだと自分のスイングの確認ができないからです。自分の欠点がわからないとなかなか上達するのは難しいです

そのため鏡でスイングを確認しましょう。鏡の前であれば、その場で自分の欠点が確認でき、直すことができます。

このとき、ただ単にスイングをするのではなく、ゆっくりスローモーションで正しいフォームを確認しましょう。

最初からフルスイングを修正するのは難しいため、まずはゆっくり素振りをして正しいフォームを体に覚えさせましょう。慣れてきたらスイングスピードを上げるようにしてください。

そこで鏡の前でスイングにおける以下の7つのポイントを1つずつ確認しながら素振りをやると、なお効果的です。

1-1-1.正しいスイングの7つのポイント

  • アドレス

胸を張った状態を作り、おじぎをする感じで股関節から上体を前傾させ、ヒザを軽く曲げる。

  • テークバック

右の股関節に体重を移動させる。このとき、腕だけではなく体全体の大きな筋肉を使ってクラブを上げる。

  • トップ

腰は45度肩は90度の捻転差をキープしましょう。右ヒジは真下、右手のひらは斜め上を向きます。

  • 切り返し

左の股関節の上に上体を乗せていきましょう。左カカトにどれだけ体重を乗せられるかが重要です。

  • インパクト

インパクトはアドレスの再現ではありません。肩はアドレスと同じでほぼスクエアですが腰は切っている分開いています。左足に体重移動した分、左ヒザと両手が目標方向に動きます。

  • フォロー

インパクト後に両腕が伸び、クラブに体が引っ張られる。上体の前傾姿勢をキープしましょう。最低右腕が伸びきるまでは前傾角度を保ちましょう。

  • フィニッシュ

ベルトのバックルが目標かやや左を向いて、体重はほとんど左に乗っている。やや逆C字型になります。

これらのポイントを押さえて、鏡の前でスイングの一連の動きをマスターしましょう。

1-2.タオル素振りでヘッドを走らせる

練習場に行かなくても、上達できる練習があります。それはタオル素振りです。

タオルはクラブとは違い軽くて柔らかいので、余計な力が入るとスムーズに振ることが出来ませんので、そのため、タオル素振りを継続的に行えば力みのないスイングができます。

プロのスイングを見ていると、ゴルフは力を入れているように見えますが、そうではありません。

力を入れると筋肉は早く動くことができないのです。実際、プロの多くがフォローで腕が伸びきっています。力を入れるとフォローで腕が伸びないからです。

そのため、タオル素振りを効果的に行い、力みのないスイングを練習しましょう。

タオル素振りのポイントは、フォローで「音」がすることです。力みのないスイングをすれば、フォローで音が聞こえます。

フォローで音が聞こえれば、スイングの力をボールに伝えることができるので、飛距離アップにもつながります。

以下は石川遼選手のフォローですが、腕が伸びてるのがわかります。

上達 石川選手 フォロー

出典:GOLF Partner.comトッププロのスイングに学べ!! 石川 遼

タオル素振りは、自宅でも出来る練習です。力みのないスイングが習得できるため、今日から行いましょう。

1-3.ヘッドスピードアップがアップする素振りの練習方法

ヘッドスピードアップには、素振りが効果的になります。力みのないスイングができるからです。

このとき、ヘッドスピードを上げるには重くて硬いもの(バットまたはクラブ2本)と軽くて柔らかいもの(水道のホースまたはシャフトの柔らかい練習器具)を交互に振るとヘッドスピードがあがり、飛距離が伸びます。

重いものと軽いものを交互(重いもの10回の後、軽いもの10回を3~5セット)に振ることで、最大筋力(筋肉が発揮できる限界の力)が上がるからです

また、軽いものを振ることによって早い動きを筋肉に覚えさせることができます。

実際、100mの短距離選手などは、早い動きを筋肉に覚えさせるために、急な下り坂を走ったり、ヒモで引っ張ってもらったりします。

1-3-1.最大筋力が上がると飛距離が上がる

最大筋力がアップすると、飛距離が上がるのはもちろんのこと、スイングが安定します。

楽にスイングしても飛距離が伸びるからです。たとえば、力いっぱいスイングした場合ヘッドスピードが40m/sだと仮定します。練習により筋力アップで45m/s以上のスピードになれば、楽にスイングしても40m/s以上のスピードが出せるようになるのです。

フルスイングしなくても飛距離が伸びるため、ミート率も上がります。

最大筋力を上げ、ヘッドスピードアップそして飛距離アップをしましょう

2.ゴルフを上達させる効率良い練習方法

効率よく上達させるために、パターとアプローチそしてユーティリティを優先的に練習すると上達が早くなります

パターとアプローチはラウンドで使用する頻度が高いです。またユーティリティはウッドより曲がりにくく、アイアンより飛びます。そのため、簡単に距離を稼ぐことができるのです。

実際に、パターは毎ホール使用する重要なクラブです。パッティングの良し悪しでスコアが大きく変わります。

アプローチが上達すると、パターの回数を減らすことができます。そのため、アプローチを練習することによって、スコアアップにつながるのです。

そして、ユーティリティは狭いホールのティーショットやロングホールのセカンドでOBを打ちたくないときに有効です。

また、難しいロングアイアンを使わなくてもユーティリティを使うことで、それをカバーできます。ようするに、この3つを優先的に練習すれば、上達は早くなります。それでは、順番にお伝えしていきます。

2-1.パッティングが上達する練習方法

パターは、クラブの中で1番使用するクラブになり、スコアを決める重要なものです

パターが上達すればスコアは簡単に縮めることができます。そのため、できるだけ頻繁に練習しましょう。

またパターは感覚的な要素もあるので、毎日の練習で感覚を養う必要があるからです。

2-1-1.パターマットでパッティングを上達させる

パターの練習には、パターマットがおススメです。手ごろな値段手に入り、自宅でも練習できます。

そこで、おススメなのが以下のパターマットです。白線があるため、そこを通るイメージで練習すると曲がらず真っ直ぐパッティングできます。

また、カップの大きさも通常のものより狭いです。そのため、これが入れば、実際のカップも入る確率は高くなります。

パッティングは、1.5mや2mは入ると自信が出ます。したがって、この距離を自信もって入れられるように日々練習しましょう。パターが入れば、ゴルフは劇的に上達します。

ただし、継続が重要になるため、毎日15分でも練習するようにしてください。

2-2.アプローチが上達する練習方法

上達 アプローチ

出典:ワッグルオンライン 宮本勝昌のアプローチレッスンアプローチの距離感のづくりテク

アプローチの基本は、ビジネスゾーンと呼ばれるエリアが重要になります

これは時計の針でいう9時と3時の間のスイング幅のことです。このエリアがお金を生み出すことから、そう呼ばれています。

そのため、あなたがこのスイング幅でどれだけ飛ぶのかを確認しましょう。それを、体に覚えさせることで、ラウンド中、アプローチの距離がイメージしやすくなるからです。

たとえば、この距離が30ヤードだと仮定します。

このとき、残りの距離が40ヤードの場合、このスイング幅を少し大きくしましょう。反対に、残りの距離が20ヤードの場合は、このふり幅よりも少し狭くしましょう。

基準となる振り幅と距離を体で覚えることで、グリーンに乗る確率があがります。

そのため、このビジネスゾーンを練習しましょう。

2-3.ユーティリティが上達する練習方法

コースで残り170ヤード以上の場合、フェアウェイウッドやロングアイアンのショットが必要になります。

しかし、「フェアウェイウッドが上手く当たらない」「5番アイアン以上のロングアイアンが上手く当たらない」と悩んでいるのではないでしょうか。

そこで、ユーティリティを練習しましょう。

なぜならユーティリティの特徴として、フェアウェイウッドより少し距離は落ちるが曲がりにくく、ラフでも使用できるからです

アイアンのように振れるため、ウッドより使いやすいです。実際、女子プロゴルファーの多くの選手は5番ウッドやロングアイアンではなく、ユーティリティを入れてる選手もいます。

2-3-1.ユーティリティ上達のコツ

ユーティリティをものにするには、ハーフスイングで芯に当たる感覚を覚えましょう。ハーフスイングが当たらなければ、フルスイングも当たらないからです。

ハーフスイングに慣れてきたら、スイング幅を少しずつあげて、最終的にはフルスイングしても7割当たるまで練習しましょう。

ユーティリティは色々な場面で使うことができる、万能なクラブです。ユーティリティが使いこなせれば、ロングアイアンが不要になり、ゴルフが楽になります。

2-4.フェアウェイウッドが上達する練習方法

フェアウェイウッドは、払い打つよりダウンブローで打ちましょう。ダウンブローとは、スイングが最下点に達する前に、ボールを捉えることです。

これなら、ライの影響を受けずにショットができます。

そこで、ダウンブローで打つ簡単な方法があります。払い打つのではなく、アイアンのように上から打ち込む感覚でショットするようにしましょう。

ゴルフのショットの基本はダウンブローです。そのため、払い打つイメージだとダフったり番手通りの飛距離が出なかったりします。

そのため、フォローを低く長く出すようなイメージでショットするようにしましょう。フォローを低く出せれば、下から球を上げようとしなくなるからです。

これにより、自然とダウンブローが身に付きます。

ダウンブローで打つことができれば、ボールは上がり、飛距離もアップします。必ずダウンブローで打つように心がけてください。

2-5.ドライバーが上達する練習方法

ドライバーの上達の近道はボディーターンで打ちましょう

ボディーターンは腕や手首といった繊細な動きができる部分を極力抑えて、体の大きな筋肉と体の回転で打つスイングだからです。

そのため「狙った方向に打てる」「飛距離がアップする」「ナイスショットが連発」するメリットがボディーターンにはあります。

そこで、ドライバーの片手打ちでボディーターンを習得しましょう。

  • スタンスはコブシ1個分くらい開き通常通り構えます。
  • 振り幅は10時から2時の間でスイングしましょう。
  • 左手で打つ場合はインパクト後手の甲を折らないようにしましょう。右手の場合は脇を締めて手首の角度を変えないように打ちます。

これを左右20球ずつを3~5セットはやるようにしましょう。ボディーターンを覚えれば、OBも減り飛距離も伸びるのでしっかり練習しましょう。

3.練習場では目標を決めて練習する

練習場では必ず目標を決めて打つようにしましょう

ラウンド中は常に目標を決めてショットしているからです。練習のときから目標を狙う練習をしておけば、コースでは、それが容易にできます。

しかし、自分が目標に向いているかわからないと思います。

そのときは足のつま先にクラブを置き、目標に向いているか確認しましょう。また最初から目標を指したクラブを置き、それに沿ってアドレスでも構いません。

練習で目標に打つことができれば、コースでは容易にできるようになります。自信を持ってショットしましょう。

3-1.1球ずつ目標を変えて練習をする

練習場で効果のある練習は、目標を1球ずつ変える練習です。同じクラブを練習すえれば当然徐々に当たるようになります。

しかし、実際にコースでは同じ番手を何度も打つことがありません。そのため、実践を想定した練習が必要なのです。

そこで、1球ずつ目標を変えて打つ練習をしましょう

また、毎回同じ目標で打っていると、体が動いて、目標がズレていることに気づきません。

たとえば、目標を「中央」「右」「左」と1球ずつ変えて打つ練習を繰り返し行うのが効果的です。

上手く目標に向くことができない人は、足元にクラブを置き自分が目標を向いているか確認しましょう。

また、実際に後ろからどこを狙っているのか確認すると良いです。実は、多くの方が自分が狙っているところと体やクラブの向きが違っています。

目標に向かって打っていると思っていても、後ろから確認するとズレていることはほとんどです。それでは、いくら狙っても目標にボールを飛ばすことは難しいです。

この練習はラウンド中、グリーンを狙うときに活きてくる練習になります。面倒ですが1球ずつ目標を変えてコースを想定した練習をしましょう。

3-1-1. 実際に打つ番手の順番で1球ずつ打つ練習をする

練習なら上手く打てたのに、また練習のようにスイングできない人も多いのではないのでしょうか。

それは、コースに練習場のような状況がないからです。何回も同じクラブで振れば、10球に3~4球はいい球がでますがコースでは1回しかチャンスがありません。それがプレッシャーになり、練習のように振れなくなるのです。

そこで、18ホールラウンドするつもりで、ドライバーから順に1球ずつ打つ練習が効果的です。また打つ際はルーティーン(仕草や打つまでの流れ)も省かずやりましょう。

これをやることにより、本番でプレッシャーがなくなります。

3-2.10~30ヤードを打つとき

10ヤード~30ヤードはライ(傾斜)の状況に応じて、3つのクラブを使い分けましょう。1本で寄せをするより簡単でワンパット圏内によりやすいためです。

そのクラブは、以下の3種類です。

  • SW(サンドウェッジ)
  • PW(ピッチングウェッジ)
  • パター

それぞれに役割があるため、順番にお伝えします。違いを理解して、クラブを効果的に使い分けましょう。

3-2-1.SWの使い方

SWはバンカー越えのアプローチまたは、ボールを上げなければいけないアプローチです。たとえば、砲台グリーンでエッジからピンまでの距離がある場合です。

SWでボールを高く上げ、ピンの近くまでキャリーで運びます。砲台グリーンでは、土手を越えることが大事です。

ですので、ランニングアプローチは使えません。グリーン面に目標を決めたほうが距離も合わせやすいからです。

3-2-2.PWの使い方

PWはランニングアプローチです。ボールをあまり上げず、転がしで寄せていくアプローチです。ランニングアプローチは、安全で確実な方法です。余計な打数を増やさないためにも覚えましょう。

3-2-3.パターの使い方

パターは転がしです。パターはグリーンだけで使用するクラブではありません。しかし、初心者でよく見かけるのは、グリーンに近いのにSWでアプローチをしてます。結果、トップやチョロをしています。それを無くすにはパターでの転がしです。パターなら距離も容易に合わせることができます。

基本的にはPWでランニングアプローチでやりましょう。転がしのほうが寄せやすく、ミスショットする確率も低いからです。

また、ザックリやトップも少ない簡単なアプローチです。残り15ヤード未満でラフやディポットなどがない場合はパターを使うのも良いです。

3-2-1.30~60ヤードを打つとき

この距離はSWで打ち分けるようにしましょう。1つのクラブで距離を打ち分けるほうが、振り幅を変えるだけなので楽な上に簡単だからです。

振り幅を時計の針でたとえると覚えやすいです。例えば「30ヤードは9時~3時」「40ヤードは10時~2時」というように時計の針で振り幅と距離を決めましょう。アプローチをするとき迷いがなくなり、不安なくショットできます。

3-2-2.50~100ヤードを打つとき

50~100ヤードはミスも出やすく、距離も合わせるのが難しいです。

スイング幅がハーフスイングとフルスイングの中間にあるため、手打ちやインパクトで緩み「ダフリ」「トップ」「チョロ」のミスが出やすいからです。ラウンド中、オーバーさせたり、ショートしたりしまうのではないでしょうか。

そこで、振り幅で距離を決める練習をしましょう。使用するクラブはSW(サンドウェッジ)AW(アプローチウェッジ)PW(ピッチングウェッジ)の3つがおすすめです。

それぞれ、自分の中で距離感に応じてスイング幅を覚えると良いです。

たとえば先ほどのように9時から3時までのSWのスイングが「30ヤード」PWの場合は「40ヤード」というように使うクラブと振り幅で距離を決めるとアプローチに自信が持てます

また覚えられない人は、メモを取るようにしましょう。これをやれば、曖昧な距離に強くなります。

4.コースを想定した練習方法

本番でいいショットをするためには、練習のときコースを想定したショットを練習しましょう。

そのため、傾斜を想定したショットの練習をしましょう。コースには、練習場のようにフラットな場所から打つことが少ないからです。

ただし、練習場はフラットな場所になるため、コースのような傾斜をうつことはできませんが、それをイメージした練習はできます。

傾斜でのショットを練習する機会はほとんどないので、日ごろから練習しておくと実際のコースでナイスショットを打つことができるのです。

そこで、ここでは5つのコースを想定した練習方法を紹介します

アマチュアゴルファーが苦手手としているものばかりになるため、これを、克服すればゴルフは上達します。そして、100切り90切りを実現させましょう。

4-1.バンカーを想定した練習方法

バンカーショットは球を高く上げる必要があります。そのため、エクスプロージョンショットを打つ必要があります。

これは「爆発」という意味があり、ボールの手前にクラブヘッドを落とし、砂を爆発させた勢いでボールと飛ばすのです。

まずは、練習方法の前に、エクスプロージョンショットの手法をお伝えします。

  • ハンドレートに構えます。(グリップよりクラブヘッドが前にくる状態)
  • スタンスはオープンに構えます。
  • フェースはバンカーのアゴの高さに応じて開きます。
  • コックはなるべく使わない。
  • しっかりと振り抜く。

以上のことを踏まえて、練習方法をお伝えします。

4-1-1.練習場でできるエクスプロージョンショットの練習方法

クラブヘッドがスタンスの真ん中に下りる練習をします。練習場ですとバンカーのように線を引けないのでクラブなどを置いて、そこをまたぐように構えます。

その線上にヘッドを落とす練習をしましょう。これによりボールの手前にクラブヘッドが降りるようになるので、エクスプロージョンショットが打つことができます。

練習場のマットでは、砂を取る感覚はつかめませんが、狙った位置にヘッドを落とす、練習はできます。ただし、打ち込んで手首を痛めないように気をつけてください。

アマチュアの方はボールの位置を正しくセット出来ていないのが現状です。しかし、この練習をするとスタンスの真ん中よりボールが左にさえあれば、エクスプロージョンショットが打てます。ヘッドを落とす場所がいつも真ん中だと覚えると簡単です。

この練習でエクスプロージョンショットを体得しましょう。

4-2.つま先上がりを想定した練習方法

つま先上がりは、傾斜の特性からダフリやすくフック系の球が出やすいです。しかし、アマチュアのほとんどが傾斜を無視して通常のスイングをしています。

そこで練習方法の前に、つま先上がりでの構え方とスイングのポイントをお伝えします。

4-2-1.つま先上がりの構え方

  • クローズスタンスで構えます。(クラブを振りやすくするためです。)
  • 体重はカカトではなくつま先にかける。(バックスイングでバランスを崩さないためです。)
  • クラブは短く持ちましょう。
  • 横振りのイメージでスイングしましょう。

スイングのポイントは、ハーフショットから7割のスイングで振るようにしましょう。フルスイングだとバランスを崩しミスショットの原因になるからです。

4-2-2.練習方法のポイント

次に練習方法をお伝えします。つま先上がりを再現するために、体重はカカトにかけます。クローズスタンスで構え、クラブは短く持ちます。横振りのイメージでバランスが崩れない程度にスイングします。このとき、フィニッシュは最後まで行かなくても構いません。バランスよく振れるのが重要なのです。

つま先上がりを練習してグリーンオン率を上げましょう。

4-3.つま先下がりを想定した練習方法

つま先下がりは、バランスの保ちにくい傾斜です。バランスが悪いとミスショットに繋がります。練習方法の前に、つま先下がりでの構え方をお伝えします。

  • 下半身の安定させるために、スタンス幅は広めにしましょう。
  • ボールが低い位置にあるのでヒザを深く曲げ、腰を落として構えます。
  • 体重はカカトにかけるとバランスがとりやすいです。
  • 目線を低い位置にキープしましょう。上体の起き上がり防止のためです。

これを踏まえて練習方法をお伝えします。

つま先下がりを再現するために、体重は常につま先にかけます。スタンスはいつもより少し広めにとり、重心を少し落とします。通常よりクラブを縦に上げ、7割ぐらいのスイングでショットをしましょう。この時、前傾姿勢が変わらないよう意識することが大事です。

つま先下がりを練習してライバルに差をつけましょう。

4-4.左足下がりを想定した練習方法

左足下がりの傾斜は、フラットなライのショットと同じスイングだと、クラブがボールより先に地面に着くためダフリやすいです。そこで、肩のラインを傾斜と平行にするとクラブが降りてくるスペースが広がり、ダフリにくくなります。

体重は左に多く乗せましょう。そして、ボールの位置は通常の位置より少し右に置きます。

ボールはあまり上がらないので、低く転がしていくイメージでスイングしましょう。

また、フォローでは体が起きやすいため、傾斜を低くなぞるように低く出すのがポイントです。

左足下がりの練習は、右足の裏にボールを置きショットするのが効果的です。

左足を軸にスイングすると上手くいきます。また過度な体重移動はしないようにしまししょう。バランスがとりにくくなるためです。5~7割のスイングで無理せずスイングするよう心がけてください。

練習場では、上記のことをイメージして練習するようにしましょう。そうすれば、実際のコースでも成果が出るはずです。

左足下がりは傾斜の中で1番難しいライです。しっかり練習しましょう。

4-5.左足上がりを想定した練習方法

左足上がりにショットの練習を行う前に、コースでどのように打つのかをお伝えします。まず、傾斜と肩のラインが平行になるように構えましょう。傾斜に逆らうとクラブが地面に刺さってしまうからです。

傾斜と肩のラインを平行にすると、自然に体重が右足に多く乗ります。しかし、スイング中に体重移動は使わないため、そのまま右足体重のままスイングを行います。アドレス、トップ、切り返し、フィニッシュまで右足体重をキープしてください。

また、実際はフェースが返りやすいため、フックが出やすいです。そして、傾斜通りにクラブを振ると高い球が出ます。そのため、番手をいつもより1~2番手上げるようにしてください。

これを踏まえた上で、練習では右足体重のまま打つ練習を行いましょう。

また、左足上がりは練習場のかごなどを土台にすると、擬似的な傾斜を作ることができます。左足をかごの上に置き練習しましょう。この練習で右足スイングの感覚がわかるようになります。

まとめ

ここまで、上達するための練習方法を紹介してきました。ゴルフの上達の近道は毎日の練習しかありません

しかし間違った方法ではなかなか上達しません。そのため、この記事で紹介した素振りや練習方法を毎日行えばゴルフは劇的に上達します。

ただ、なかなか毎日練習するのは難しいかもしれません。しかし、1日10回の素振り、数分のパッティングの練習でもやるのとやらないとでは、上達スピードは変わってきます。

ゴルフが上達すればよりゴルフが楽しくなります。できるだけで構わないため、上達していいスコアでラウンドしましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴルフ 100切り

ゴルフスコア100切りをたった短期間で達成する5つのコツ